経済・政治・国際

2004.05.31

イラク捕虜虐待の謎。

ウェイン町山氏のblogで、イラクで捕虜虐待写真を撮影していた女性兵士がホワイトトラッシュ出身だったことを知る。

あくまでもしかするとだが、彼女はかつて自分が弱者であった時にされていた事を、自分が強者になった時にそのまま弱者に対して、心理学用語で言うところの強迫反復としておこなったのではないだろうか。
だとすると、「なぜ証拠になるような写真を残したか」の説明がつく。

ま、フロイト派の岸田秀の書いた「ものぐさ精神分析」呼んだばかりだから思いついたたわごとかもしれませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.04.09

生キテ虜囚ノ・・・(ちと洒落にならんので以下略)

イラク人質日本人の身に何かあったりすると、いくら人非人の私でも何も言えなくなりそうなので今のうちに。
日本政府が「安全を保証できないんだから行くな」と言っている地域に行った時点で、安全は自己責任。
その覚悟をせずに行ったのなら単なる阿呆だし、覚悟を決めて行ったのならその覚悟を尊重すべし。
ゆえに、自衛隊も日本政府も指一本動かす必要なしかと。
自衛隊が行ったからさらわれたわけではないので、もちろん自衛隊が撤退する道理もなし。

ただただ、救出作戦のために自衛隊員や他国の兵士や、イラク民間人の命が失われないことを切に望む。

しかしここまでやって狂言誘拐だったら、どうなるんだろうねえ。

以下4/12 3時頃追加。
ここで、どうも私が直感的に引っかかっていたことの数々が物証で挙げられてますです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

2004.03.17

宇宙議員連盟

うおお!「タイガーマスク2世」の「宇宙プロレス連盟」を思い起こさせるナイスなネーミング!
何かもうお腹一杯。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.03.14

まずはお悔やみ申し上げます。

スペインのテロに関する私見。

・・・つーかぶっちゃけ、あれどう考えてもETAの仕業だよな。
やりすぎてスペイン国民から総スカン食ったんで、犯行声明を出すに出せず困ってたらアルカイダが便乗で声明出してくれたんで、そのままアルカイダのせいにしちまえってハラだろ。

もしアルカイダの仕業だとしたら、大口のスポンサーか支援組織がついたってことだから、まぢヤバいけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)